クラウド会計が使いにくい? 人の手を使わない発想へのシフトのすすめ

クラウド会計を導入したものの「想定と異なり使いにくい」、という声が聞かれます。

使いにくさというのは個人的な感覚に依存するものですが、使いにくさを指摘する声が少なくないのはクラウド会計というシステムそのものにある程度の原因があるからです。

クラウド会計はデータをクラウド上に送信して処理を行います。

操作には常にクラウドのサーバに対してアップロードとダウンロード繰り返すため、どうしてもレスポンスが一呼吸遅くなってしまいます。慣れれば実用に支障の出るレベルではないのですが、これまで使用していたインストール型の会計ソフトよりもレスポンスが遅くなってしまえば使いにくさを感じるのは当然です。

ただし、クラウド会計の特徴であるネットバンキングとの自動連携機能では、一つ一つの取引を入力していくよりも圧倒的に処理は早いことから、この欠点がクラウド会計導入の妨げにはならないと思われます。

次に、初期設定が煩雑になるのもクラウド会計が使いにくい理由のひとつです。クラウド会計に移行するには既存のインストール型の会計データを移行する必要がありますが、現在ではさまざまなソフトとの互換性に対応しているものの、すべてのソフトに対応できるクラウド会計ソフトはありません。最終的にはデータ補正や調整が必要になるためシステムの切り替え時には使いにくさを感じてしまいます。

ただし、ベンダーや会計の専門家に任せてしまう、というのもひとつの解決策です。クラウド会計を考えるとき、「自分で手作業をしない」ということを念頭に置いて柔軟に対処すると効率よく運用でき、長い目で見ればコストは安く済みます。導入時だけ専門家の手を借りるというのは、賢い選択なのです。

導入・データ移行についてのご相談は、当事務所までお気軽にお寄せください。