クラウド会計が経営に及ぼす影響とは?

クラウド会計は、経営にどう生かせるのでしょうか。

システム導入戦略に効く

会計システムのみならず、販売管理システムや人事給与システムなど、さまざまな業務システムが運用されています。従来のインストール型では、各システムでバージョンアップやカスタマイズが入ると互換性に問題が出ることがあり、連携面の不安が指摘されてきました。

この点、クラウド会計では、販売管理システムや人事給与システムなど他のアプリケーションが相互のAPI(Application Program Interface)を公開して、連携がスムーズになっているものも多く、これらの機能の連携により一気通貫の処理が安価で行えることが多いのです。

人手不足解消・人件費の最適化に効く

また、人手不足が叫ばれる中で、新たな労働力の雇用が難しいこの時代、どうやって効率よく業務を回すのか、はたまた人を育てるのかは大きな経営課題のひとつです。

クラウド会計では、銀行口座やクレジットカードの情報と自動で連携することや、領収書やレシートを画像認識することで、入力の業務を大幅に効率化することができます。

経営の数字の把握に効く

さらに、時代の変化が激しいの中で、経営者は、リアルタイムで自社の経営数値を見ることが大事になります。従来は、経理担当者などに問い合わせをしなければ、数字を把握することができずに経営判断が遅れがちになりました。

しかし、クラウド会計であれば、いつでもどこでも経営者が数値を見られる環境があります。レポート機能も簡単に使えます。

 

ご覧のとおりクラウド会計は、システム導入コストや人件費の合理化、人手不足の不安解消、経営数値の見える化といった経営課題の解決に役立つ経営ツールとなります。