クラウド会計での税理士との情報共有

税理士が正しく会計処理を行うためには、情報共有が欠かせません。クラウド会計を活用すれば、ロケーションが異なっても同じデータを共有できるため、税理士と会社のコミュニケーションを円滑に進めることができます。

 

クラウド会計は、その税理士とのやり取りに関するメリットがあって、かなり時間を短縮できるようになります。

クラウド会計を使わずに、税理士とメールでやり取りする時などは、かなり時間がかかってしまう事も多いです。

クラウド会計を活用すればPC上で同じ画面を共有しながらコミュニケーションが取れるため、情報共有にかかる時間が大幅に削減できます。

また、仕訳の一つ一つにコメント機能がある為、一部分のみ税理士に確認したい場合も、スムーズに対応がd系ます。

税理士がデータ入力した時でも、クラウドのシステム上に自動反映されるため、メールのやり取りも不要になります。

それだけ時間も短縮できますし、お互いの連絡もスムーズになるのです。

ラウド会計によって、税理士とのコミュニケーションを楽にしましょう。