クラウド会計 クレジットカードとの連携で会計処理らくらく

クラウド会計はクレジットカードのWeb明細と連携して仕訳を自動で入力できる機能があります。

この機能を採用しているクラウド会計を利用すると、劇的に会計処理が楽になります。従来は、現金やクレジットカードで物を購入した場合、領収書やレシートをもとに会計システムへ一件ずつ入力していました。そこで、クラウド会計とクレジットカードのWeb明細を連携した後にクレジットカードで物を購入した場合、クラウド会計に購入データが自動で送られ記帳まで済ませてくれます。このようにクラウド会計にクレジットカードのWeb明細を連携することで、大幅な業務の効率化を図ることができるのです。

ただし、クラウド会計の中には、クレジットの利用明細を自動的に処理できず、自分で入力しなければならない場合があります。この機能を望むならば、確実にクラウド会計に情報が転送されるサービスを利用してください。

当然ながらクレジットカードを利用してない場合には意味がありません。普段からクレジットカードで決済処理をしているならばともかく、決済処理が現金を中心としている場合、現金からクレジットカードへ切り替えるなどといった対策も必要です。

また、個人事業主の場合には、クレジットカードの利用に加え、銀行口座が事業用と私用で混在しているケースが多く見られます。クラウド会計の導入とともに、これらを事業用のみとして用意することで、自動かつ正確な処理が可能となります。

カスタマーグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。