クラウド会計で処理するスマートレジシステム レジデータを即時反映

「スマートレジ」とは?

クラウド会計の導入により、レジの情報をダイレクトに会計データとして処理する「スマートレジ」環境を整えることができます。

スマートレジとは、チェーン店のレジ情報全てを直接ネットワークで結びクラウド上で管理するシステムのことで、これまでは店舗ごとに個別に処理されてきたレジデータをグループとして一括で管理することが可能になります。

レジ締め作業が不要になるので業務の省力化はもちろんのこと、リアルタイムで入出金や取引情報を管理することで、より詳細なデータを利用したマーケティングが可能となります。

従来型POSよりスマートレジは安価 汎用性もアップ

コンビニのレジなどで導入されている据置型のPOSシステムはマーケティング効果の高いシステムですが、導入に多額の費用がかかるという欠点がありました。

クラウド会計とスマートレジを組み合わせてクラウド型POSシステムを構築すれば、独立型のPOS専用ネットワークを用意するのに比べて、ずっと安い費用で本格的なPOSシステムを運用することができます。

業務に使用するレジの筐体もスマートレジに対応した機種が続々と開発、販売されています。クラウド会計との組み合わせを前提に開発されているので汎用性が高く、複数のクラウド会計ソフトに対応しているため使いやすいツールとの組み合わせでスマートレジ環境を構築できます。

カスタマーグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。