クラウド会計で効率化する決算業務

クラウド会計を採用すると、決算業務が非常に楽になるという声を聞きます。

なぜ、決算業務が効率化されるのか、具体的な内容を見ていきます。

 

仕訳の自動化

クラウド会計には、インターネットバンキングやクレジットカードデータの自動連携機能があります。通常仕訳データを作成するには、「日付」「取引先」「金額」「勘定科目」「摘要(詳細内容)」を入力する必要があります。「勘定科目」以外の項目は自動で連携が行われます。「勘定科目」についても自動で推測が行われます。

また、一度覚えた仕訳は学習され、同じ取引先の同じ取引であれば、2回目以降は、「勘定科目」の推測の精度が高まっていきます。

データを自動的に取り込んでくれますから、膨大な量の入力も不要になりますから、決算業務の所要時間も削減する事ができます。またクラウド会計にはデータ集計の機能もあって、キャッシュフローは正常なのかどうか簡単に確認できますから、とても便利です。

業務システムやECサイトなどとの連携

Salesforceやkintoneとの連携によって、入金管理や、請求書管理も行うことができます。

会計システムのみを自動化しても受けられる恩恵は少ないですが、業務発生の段階からシステムを導入することで、結果的に、事務処理にかかる時間を大幅に削減することができます。

しかもクラウド会計には、決算に関する書類を作成できる機能もあって、わざわざ自社で手間をかけて書類を作成する必要もありません。決算に関する業務を効率化したいなら、クラウド会計の導入の他、他の業務管理ソフトの導入と合わせて検討してみると、決算業務効率化の影響が大きくなります。。