クラウド会計、現金取引も自動化へ? 

クラウド会計の強みはオンライン上で他のサービスやソフトウェアと連携して複雑な業務を効率化していくことにあります今は行政の窓口や金融機関個人の銀行口座やクレジットカード情報などもインターネット上でやり取りできて、とても便利な世の中になっています

これらの取引データを自動で集め会計処理や行政への申告まで行ってくれるクラウド会計とその周辺システムはそんな現代に極めてマッチした便利なツールと言えるでしょう

しかし現金を使った取引だけは今のところ記帳を自動化することができません。現金で売上たものや、現金で購入したものについては、都度の入力が必要となります。

ただし、それに対しても、クラウド会計と連携できるPOSレジなどを導入したりクラウド上に顧客の購入データを蓄積できる券売機などを利用する場合は現金取引でもクラウド会計ソフトなどで業務の自動化を図れます

最近は無料で使えてクラウド会計ソフトとも連携できるモバイル端末用のPOSレジアプリもありますので現金中心の取引を行っている個人事業主でも業務の効率化がやすくなりました

このまま進んでいけば現金取引と電子取引の境目もどんどん小さくなっていくのではないでしょうかそうなるともっと世の中も便利になっていきそうですね

カスタマーグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。