クラウド会計で簡単に、経費精算

企業では、常に経費データを集計しなければなりません。

交通費や物品調達などで、お金を動かす事もあるでしょう。

大型の内装工事、日々の備品購入まで、様々な経費が生じるため、日々の管理が大変です。

経費精算はとても大変です。レシートにしても、企業によっては膨大な数になってしまう事もあり、それを1つ1つ入力していくのはとても大変です。しかしクラウド会計には、経費精算の機能も完備されていて、自動的に読み込んでもらう事もできます。

 

経費精算を自動化するポイントは、以下です。

1.取引内容をなるべく紙で残さ図、データで残す

2.どうしても発生してしまう紙の証憑は一元管理する

1.に関しては、法人のクレジットカードや、業務管理システムによって、紙を介さずに、なるべく「データ」という形で取引を記録します。

2.に関しては、取引の過程で発生してしまった紙の領収書はPDF化によって、1箇所にまとめ、一元管理することが必要です。

レシートに書かれている情報にしても、クラウド会計が自動的に読み込みを行って、すぐにシステムに自動入力してくれるのです。

入力作業がなくなるだけでも、だいぶ作業効率は良くなります。企業によっては、クラウド会計を導入した結果、経費精算の所要時間を90%削減できた事例もあります。

 

 

カスタマーグロース会計事務所では、業務のIT化のご相談が無料でできます。

お気軽にご相談ください。