クラウド会計で給与計算は可能? 機能追加でデータ連携も可能!

経理業務は、会計のみならず、売上の管理や物の購入に加え、従業員への給与計算など、その実務は多岐に渡ります。

クラクド会計では、特徴のひとつとして、他のクラウドツールとの柔軟な連携を挙げることができ、クラウド会計ツールを提供するベンダーからは、既に給与計算ツールがリリースされています。

給与計算では、従業員の給与を算出するために、出勤日数や残業時間、家族構成など、さまざまな条件を踏まえ計算を行わなければなりません。毎月やってくる給料日に備え、本給や各種手当、社会保険から所得税など複雑な計算に迅速性が要求されます万が一数字を間違えてしまいますと、従業員の生活に関わるものでもあり、トラブルに発展する可能性があるため、正確性も求められます。また、クラウドの特徴を生かした給与明細のペーパーレス化も実現できます。

クラウド会計では、給与計算ツールを追加・拡張することで、複雑でスピードが求められる給与計算も自動で行うことができます。

そして、従来の給与計算ソフトと遜色のない機能を有しており、毎月の給与計算に加え、年末調整や労働保険の計算など、年1回の作業も自動化に、より効率化を図ることができます。

したがって、ひとたび給与計算機能を追加すれば、計算結果をスムーズにクラウド会計へ取り込むことで、早く正確な仕訳の計上と給与の支給が可能となります。

なお、freeeでは、ライトプランとして、従業員3名までを対象とし、1,980円(税抜)~/月から利用可能です。