クラウド会計とクレジットカード、連携で会計処理が超簡単に!?

クラウド会計とクレジットカードの連携 その仕組みお教えします。

クラウド会計では経費をクレジットカード支払いで計上すると、会計処理が簡単になるとされています一体なぜクラウド会計とクレジットカード支払いを連携させると会計処理が楽になるのか、仕組みを見ていきましょう

現金払いの場合には、レシートや領収書などを保管して会計ソフトに記帳していく必要がありますそれに対してクラウド会計とクレジットカード払いを連携させておけば自動的に支払いは電子化され会計ソフトに自動記帳されるので、会計処理が簡単になります

しかもクラウド会計では細かい勘定科目の設定も楽にできてしまいます。例えば、薬局で経費処理をした場合には福利厚生費へと記帳飲食店ならば会議費バスや電車などを利用した場合には、旅費交通費などと設定できます。しかも、一度設定してしまえばクラウド会計が自動的に記帳までしてくれるようになるので、会計処理の効率は断然にアップします

実際のクラウド会計のクレジットカード会計の処理は例えば事務用品を購入した場合には購入月の勘定科目の借方に事務用品費名目で記帳となり貸方に未払金として記帳されますこの際には、未払金の補助科目をクレジットカード会社に登録しておくと混乱を避けられます

そして翌月以降に支払い分が引き落とされたときには、借方に未払金が来て貸方に普通口座が記帳されますクラウド会計のベンダーにより細かい勘定科目は異なりますが自分で設定することが可能ですのでチェックしておきましょう

このようにクラウド会計とクレジットカードを連携させることで今までの会計処理が簡単になり効率アップに繋がるのです