クラウド会計に期待される利点 簡単便利で業務改善効果大!

クラウド会計にはいろいろな利点があります。従来のインストール型の会計システムの悩みがクラウド会計への移行で解決されるケースは多く、利点を生かして業務の効率化を期待できます。

クラウド会計の利点として大きいのが会計データのリアルタイム処理です。

従来の会計システムではセクションごとに個別に会計データを処理し提出されたデータを元に統合会計データを作成する必要がありました。

クラウド会計では端末で入力されたデータをリアルタイムで一括処理できるので、個別処理から統合処理への手間が不要になります。常にリアルタイムの会計データを収集できるのでマーケティングや財務分析などへの活用がスムーズです。

各種データとの連携も大きな利点です。毎月の給与計算結果の情報をクラウド会計と連携することで、社員への給与支払いや給与仕訳の計上をクラウド会計上で簡単に実行できます。

また、従業員が立て替えた旅費や経費の精算も、クラウド精算ソフトとクラウド会計を連携することで、従業員への支払いや経費計上が自動で行われ、書類の作成ややり取りが不要となります。

わざわざデータを再入力する必要がないのでミスがなく、連携処理が済んでいれば、必要なデータは全て自動で計算されるので会計業務の負担は大幅に軽減されます。

もちろん、決算書や確定申告書などの作成をすべて自動で行うことはできませんが、これまで手作業であった業務もクラウド会計の導入によって自動化が利点となり、大幅な効率化が可能となりました。

カスタマーグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。