クラウド会計の値段(利用料) 年額払いの方が安いのでお得?

クラウド会計、利用する機能と料金プランは十分検討を

クラウド会計は、これまでの会計処理を楽にしてくれるメリットを持っていますが、一方でそのお値段(利用料)が気になる方も多いでしょう。各ベンダーのホームページなどで利用料をしっかりと確認するほか、プランの内容を把握したうえで、そのときに必要な機能を選ぶようにしましょう。

クラウド会計を利用するなら、月額払いか年額払いのどちらかで利用することになります。月額払いの場合、月の途中で解約すると、来月以降それ以上の費用が発生しないため、他ベンダーのクラウド会計へ乗り換えやすいメリットがあります。

年額払いのメリット・デメリット

一方で年額払いの場合、1年間の契約であることから、年間で支払う利用料が月額払いと比べて安くなるケースが多いです。数千円レベルかもしれませんが、クラウド会計の利用料が安くなれば契約しやすいことでしょう。

ただし、契約中に別のプランや他ベンダーのサービスを利用したいと考えている場合、新しく契約を結ぶ必要があります。もちろん、年払い後の途中解約では残り期間の利用料の返済はありません。

クラウド会計のお値段だけでサービスを決めることは稀ですが、しっかりと契約するプランの料金体系や、月額払いか年額払いの条件を理解しておくことが大切です。

カスタマーグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。