クラウド会計の入力は効率的 領収書の読み込みも自動で

経理業務を行っていると、色々な項目や数字を入力することになります。勘定科目にしても複数ありますが、その仕訳に関する情報データも入力しなければなりません。データの数が多いと入力するのは大変な作業となります。

クラウド会計には、勘定科目をはじめとする各種情報を自動的に入力する機能があります。

インターネットバンキングやクレジットカード情報と連携することで、これまでの取引データを元にして、自動的に仕訳作業を行います。また、複数の銀行口座やクレジットカードのデータを取り込むことができるので、大幅な入力業務の効率化を図ることができます。

また、経費に関する入力です。証憑である領収書やレシートなどのデータも記録しておく必要はありますが、領収書の枚数が多い時などは、かなり手間がかかってしまいます。

しかし、クラウド会計には、領収書に書かれている内容を自動的に読み込める機能付きのものがあり、この手間を大幅に削減させることが可能です。スマホのカメラで領収書を撮影し、クラウド会計で読み込むことで、記載内容を把握して仕訳を自動で作成することができます。

クラウド会計には、このように経理の入力業務を大幅に効率化する機能を備えており、大量の入力業務から解放することができます。

 

カスタマーグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。