クラウド会計の効果が出にくい取引・業種ってあるの?

企業の会計業務を軽減し経理コストの削減に貢献するクラウド会計ですが、スムーズに導入できるかどうかは業種・業容によって異なります。

会計慣習の問題からクラウド会計というシステムが馴染みにくい取引の種類や業種もあり、高いコストを負担して導入を決めたものの思うような成果が得られないケースもあるようです。

クラウド会計の導入が難しい取引の一つが、手形取引です。手形は信用取引であり、決済が先送りになります。

ところが、決済データは、そのままではあたかもリアルタイムに取引があったようにクラウド会計が認識してしまうことがありますので、修正する必要があります。

例えば、受取手形を一つの「口座」としてシステムに認識させる操作を行う、といった工夫がクラウド会計のマニュアルには出ているのです。

これは仕訳さえわかれば手形も特に問題が生じない既存の会計ソフトとは異なる点です。

さらに、小口現金の取引が多いと、クラウド会計の成果が出にくいと言われます。現金の取り扱い自体あまりクラウド会計が得意とはしていません。

細かな入力が多くなる小口現金取引は、Excelシートに記録すれば月次単位でクラウド会計にインポートすることが可能であるものの、時間効率のうえでは、あまり従来のインストール型の会計システムと差がないようです。

したがって、約束手形の利用がいまだに多く、小口現金の取り扱いも多い製造業では、クラウド会計の導入による効果をしっかりと見極めて判断したいところです。

拙速に導入を決めてしまうと効率化を目指した経理作業が、かえって混乱するリスクがあり、注意しておきたいところです。

カスタマーグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。