クラウド会計の導入・運用 会計事務所に依頼もできる!

新たに会計システム導入・運用する際には、会計の専門である会計事務所税理士に委託する方法考えられます

メリットとしては自社に専任やノウハウが無くても、専門家の力を借りることで、スムーズな導入に結びつけられ、日々の運用でも正確な処理を行なってもらえままた、人材の育成や経験者を確保するまでの間だけ、会計事務所に委託するということも可能であり、必要な時期を予め決めておくことで効率的な導入が可能となります

一方、デメリットとしてはやはり相応のコストがかかってしまうところです会計事務所に支払う費用のほとんどは人件費で構成されており、取引や仕訳の量に応じて委託料も変動することが一般的です。

そこで、クラウド会計では対応する端末とインターネット環境さえ整っていれば、各種データの自動連携や、いつでもどこでも会計業務が行える特性があるので、従来に比べて会計事務所に支払う費用も安くなりやすいです

また必要な会計業務のうち自社で処理を行う割合が多く税理士に任せる割合が少なくなるほど更に委託費用を抑えられます

したがって、クラウド会計の導入と、会計事務所への依頼については、現状の社内スタッフのスキルや業務量を踏まえて、適切な選択をすることが賢明です。

 

カスタマーグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。