クラウド会計の意味

クラウド会計という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。今回は、このクラウド会計の意味について説明します。

クラウド会計とはインターネットを使用できる環境であれば、いつでも、どこでも経理処理を行うことができる会計システムのことを指します。

そしてクラウド会計を利用するシステムをクラウド会計システム、またはクラウド型会計システムと呼びます。単にクラウド会計と呼ぶことも多いです。

クラウド会計にはソフトウェアを購入する必要もなければ、アプリケーションをインストールする必要もなく、データをパソコンに保存する必要もありません。

クラウド会計の場合は、ネットワーク上にあるサーバの中に、ソフトウェアやデータが存在し、利用者は必要に応じてネットワークを通じてアクセスし、サービスを利用します。

クラウド会計には大きく2つの特徴があります。

1つ目は、必要な物はインターネット環境・パソコンまたはスマートフォン、タブレットなどの端末だけなので、ソフトウェアを購入する必要がなく、いつでもどこでも利用できるという点です。

2つ目の特徴は、データの自動取り込みです。クラウド会計の大手三社は、freee・弥生・マネーフォワードとなっていますが、これらのクラウド会計では、インターネット上から様々なデータの自動取込を行うことができるのです。

上記三社では、ほとんどの銀行口座やクレジットカードに対応し、さらに楽天やAmazon等から購入履歴、利用履歴を自動的に取り込み、AIを活用したコンピュータが自動的に最適な仕訳を判断して処理するというしくみもあります。

これらにより、日々の経理業務や記帳業務の負担を大幅に減らすことができます。

複数人が同時に端末を選ばずにアクセスでき、外出先から決算状況確認や勤怠管理、経費申請などもで可能ですので、クラウド会計はメリットが多いシステムとなります。

カスタマーグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。