クラウド会計の価格は? 料金体系についても知っておこう

会計ソフトは、企業活動を会計のルールに基づいて記録するうえで必要な業務ツールとして認知されています。日々の記帳において勘定科目や消費税の取り扱いであったり、年度末の決算について、決算書や確定申告書の効率的な作成のために欠かせないものとなっています。

従来のパソコンにインストールするものから、ブラウザを通じて利用するクラウド型のものまで幅広くラインナップを揃えており、選定基準も迷うところでしょう。特に料金面は選定にあたっての重要なポイントであり、特にクラウド会計については、料金体系が複雑で分かりにくくなっています。

まず、クラウド会計は無料プランを選択しない限り月額料金が必要となりますその価格は選択するツールやプランによって異なりますが無料使用できるものから、月1万円前後で利用可能なものまでさまざまです

また、クラウド会計は個人事業主だけでなく法人も利用できますが個人プランの場合は法人プランに比べ料金がやや低めになる傾向があります

クラウド会計の利用費用は、ソフトウェアの所有として資産に計上するものではなく、資産の利用としてフィーを設定する「サブスクリプションモデル」の料金体系であることが基本であり、これを年払いにするか、月払いにするかで費用が変わってきます。

一度使ってみて、不足する機能を足していくこともできますので、ご自身の事業形態や規模に合わせたプランを柔軟に選択できるのもクラウド会計の特徴のひとつです。
カスタマグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。