クラウド会計の特徴

クラウド会計とは、クラウド型の会計システムの事です。

今回は、クラウド型会計システムの特徴について、ポイントを説明いたします。

特徴①

クラウド会計は、いわゆるSaaSと呼ばれるクラウドサービスに該当します。従来であれば、ソフトウェアを自身のPCにインストールしたり、ソフトウェアのライセンス購入が必要でした。

それが、クラウド会計システムの提供会社のサーバーがインターネットを通じてサービスを提供することによって、自身のPCでのアップデートや、PC環境の整備が不要になります。また、pC以外にもスマホやタブレットからデータにアクセスすることが可能になります。

 

特徴②

クラウドサーバー上でデータの書き換えが行われるため、インターネットバンクの情報やクレジットカード情報が自動で連携できます。

従来日付や取引先を手入力していていましたが、自動で連携されることにより記帳の手間を大幅に削減することができます。

特徴③アップデートが不要になる

従来自身のPCにインストールしていたソフトウェアがクラウドサーバーのでの管理になります。そのため、ソフトウェア提供会社がシステムのアップデートを行うため、税制改正等が行われた際にも自身でのアップデートが不要になります。

 

クラウド会計によるメリットは使い方次第で広がります。

ぜひ自身の業務に合わせて活用してみましょう。