クラウド会計、画像関連機能も使える! 領収書の管理に便利

クラウド会計、画像認識の機能を使えばさらに業務は効率化

クラウド会計には画像に関する機能が実装されています。画像保存・読み込み、といった機能が付帯機能としては代表的です。

例えば、クラウドストレージには、領収書の画像を保存できるようになっていますがそれを見ながら会計に関する情報を登録していく事もできます

紙媒体のレシートや領収書が大量にあると入力の漏れや重複などのミスが発生する可能性もありますがそれも防ぎやすくなります

また、基本的にスマホアプリ連携を必要としますが、画像データからの自動入力の機能があります領収書の画像データを保存しますと、数字などを読み取ってクラウドのシステムに自動入力してくれます一旦入力された数字データは後から編集する事も可能です

データは一度読み込めれば、支払データの仕訳は自動で行えるため、大幅効率化を図れることになります。できる限り、紙ベースのデータも連携可能なアプリで読み取っておくなどして、クラウド会計へ自動入力・自動読み込みを可能にして、効率化を目指すことをお勧めします。

 

 

カスタマグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。