クラウド会計の監査機能とは

クラウド会計では、会計データに異常がないかチェック機能が付随しています。

最近では、会計データに間違いがないか、専門家の「暗黙知」を「形式知」化して、会計データのチェックに活用しています。

これにより、自動で仕訳のチェックが行えます。

クラウド会計には人工知能が採用されていて、常に学習する機能が備わっています。

何かのミスがないかどうかも、常に監査してくれるのです。例えば勘定項目に関するチェック機能があります。正確な項目が選ばれているかどうかも、クラウド会計の人口知能が常に監視していて、状況に応じて修正候補も提示してくれるのです。

データが何か間違っている時などは、クラウド会計でエラー表示してもらうこともできますから、誤りが自動的にチェックされます。

クラウド会計の監査の機能は、随時自社用にカスタマイズする事もできます。

専門家の知識を元に、自社の会計データをチェックできるクラウド会計の機能をぜひ使ってみましょう。

カスタマーグロース会計事務所では、月次の会計データに誤りがないか、チェックするのみでなく、

将来の行動計画の立案につ投げるべく、予算と実績の乖離の分析を行なっております。

ぜひお気軽にごそうだんください。