クラウド会計の銀行連携はAPI経由 直接帳簿で銀行データを参照できます

銀行とのAPI連携はクラウド会計の強み

クラウド会計には、銀行口座を登録できる機能があります。なかでも便利なのは、クラウド会計からデータを直接参照・自動転記したり、クラウド会計上からの振り込みが可能になる「API連携」です。

freee、MF クラウドの二大クラウド会計サービスが、大手都市銀行、ネット専業銀行、地方銀行、信用金庫などのデータとAPIで連携しています。特に信用金庫は、ほぼすべての信用金庫がこれらのクラウド会計に対応しています。

APIは、Application Programming Interfaceのことで、あるソフトウエアの管理するデータを外部のソフトウエアから呼び出すための決まり・ルールのことです。銀行のデータをクラウド会計が呼び出すことができるのもこのAPIがあるから、ということになります。

経理や税務関連の作業を行っていると、銀行の口座残高や入出金などのデータを確認したくなることがあります。

その場合は銀行のインターネットバンキングの口座にログインするか、通帳記帳などを行う必要があります。インターネットバンキングでは、銀行のサイトにアクセスし、ログインを都度行わなければならず、入出金のデータも手動でいったんは表示させる必要があり、面倒という声も多いです。

しかし、クラウド会計のAPIによる連携なら、直接クラウド会計から銀行のインターネットバンキングのデータを取り出せるようになります。取り出すだけでなく、クラウド会計のシステムから直接振り込みを指示することができるようになります。

インストール型の会計ソフトはそこまでのことはできません。一旦は銀行のサイトを表示させ、ログインする必要があります。

ログインした後、出入金の記帳を行うには、出入金データをエクスポートして、会計ソフトにインポートする必要があります。それに、会計ソフトの操作で直接振込み指示は出せません。この点クラウド会計のAPI連携機能を活用すれば、簡単な操作で銀行経由で銀行振込みができるわけです。

カスタマグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。