クラウド会計の電子帳簿保存法対応状況をお伝えします。

書類を電子保存する場合、電子帳簿保存法に沿った形で保存できているか、焦点となります。

電子帳簿保存法ではこれまで紙保存が義務付けられていた各種書類を電子データで保管することが認められています。

クラウド会計は電子帳簿保存法に一部対応していますが、各社で対応状況が異なるため、注意が必要です。クラウド会計ソフトの代表例、2ベンダーの対応状況は、領収書など、「取引関連書類」のPDF化に関しては、電子帳簿保存法に沿った対応が可能です。

ただし、「決算書自体」は、紙に印刷して保存する必要があります(クラウド会計ソフトで作成したとしても、訂正・削除の履歴を残す必要があり、履歴に関しては未対応です。)

帳票の紙保存を減らしたいと思う方は電子帳簿保存法対応の進んだクラウド会計サービスの利用を検討してみてください。