クラウド会計への移行に必要なこと

クラウド会計を導入するため、移行作業が必要となります。

具体的には、どのような項目を移行すれば良いのでしょうか。

移行できるデータ

基本的には、csvファイルが読み込めるため、それぞれのクラウド会計ソフトのフォーマットに合わせたcsvデータに加工すれば、ど¥どの会計ソフトからも読み込みは可能です。

 

必ず移行するデータ

①勘定科目/補助科目

勘定科目およびその補助科目については、会社独自の科目も含まれます。旧会計ソフトから新しい会計ソフトに取り込む際には、一番はじめに取り組みべきデータとなります。

 

②開始残高

会計ソフトを移行する期の期初の残高を移行します。

 

③仕訳帳

仕訳データの全てを取り込む必要があります。

こちらも、会計ソフトによっては、csvデータの加工が必要となることがありますが、「どの会計ソフトからも、移行先のフォーマットにcsvデータを加工することによって、移行作業が行うことができます」

 

クラウド会計を使用するには、移行先のクラウド会計ソフトへのデータ移行から始まります。

 

カスタマーグロース会計事務所では、クラウド会計への移行作業をサポートしております。

まずは、お気軽ごそ相談ください。