クラウド会計を比較してみた freee vs MF

今回は、クラウド会計の比較について書きます。同じクラウド会計でも、それぞれに特徴があるため、向き不向きが生じてきます。

自身に一番似合う会計ソフトを選びましょう。

入力方式

freeeは、複式簿記の知識がない人向けのUIとなっています。会計ソフトではあたり前の借方/貸方という概念を使わずに、「収入」と「支出」とう概念で会計データの入力が行われます。初心者の方にやさしい、クラウド会計です。会計は、企業には必要なものですが、誰もが簿記の勉強を、しているわけではありません。簿記の知識はないが、会計を行いたいという人には、freeeがおすすめのクラウド会計とサービスいえます。

一方MFクラウドは、簿記の知識がある方におすすめです。そこまで専門的な、知識は必要ありませんが、全く知識がない状態では、使いこなすのが難しいです。MFクラウドは、使いこなすことができれば、freeeより早く会計処理が行えます。知識があり、素早い会計処理を求めるのであれば、MFクラウドがおすすめです。

 

補助科目(取引先別の管理)

freeeでは、従来あたり前であった「補助科目」という概念がありません。代わりに「タグ」をつけて、管理します。Gmailのタグと似たような概念で、「タグ」の付け方によって、自由に管理会計の体制を整えることができます。

一方MFクラウドは、従来通り「補助科目」の設定を行います。1つの補助科目に対して、1つの勘定科目が対応します。

 

サポート対応

いずれもチャット・メールで対応可能です。電話対応の有無は、プラン内容によって異なります。

 

クレジットカードの自動連携

freeeでは、支払いが確定した段階で仕訳に反映されますが、MFクラウドでは、利用の都度会計データに反映されるため、日次で資金繰りを管理したい方にとっては、MFクラウドがおすすめです。

 

レポート機能

決算書の作成のみならず、クラウド会計首ソフトでは、わかりやすくグラフ化して、会計データを提供してくれます。基本的なレポート機能は同じですが、freeeでは、資金繰りレポートが出力できます。資金繰りに関して、変動が激しい会社に関しては、freeeがおすすめです。

 

このようにクラウド会計サービスには、それぞれ異なる特徴があります。ご自身のスキル、求める機能からクラウド会計サービスを、選びましょう。