クラウド会計による予算管理 透明化されたデータで内部統制も万全

クラウド会計システムは予算管理においても大きな効果を発揮します。

予算管理において最も重要なことは適切な運用です。計画した予算どおりに事業活動が着実に実行されているかのモニタリングとして、実績値を予算に照らして測ります。乖離が大きいところを原因として追求し、適切な事業活動へ導くことができるかが予算管理の持つ役割です。

実際に予算管理を行うには適切な運用を支えるチェック体制の確立が必要になりますが、十分な体制を作るためには多大なコストが掛かります。予算規模が大きくなるほど不正やトラブルのリスクが懸念されるため、対処するためのコスト負担も重くのしかかかります。

そこで、クラウド会計を導入すれば予算の適切な運用に必要なチェック体制をシステム単体で賄うことが可能です。

クラウド会計では会計データが全て統括的に管理されるため、実績値と予算の乖離状況をリアルタイムでチェックすることができます。お金の流れは完全に透明化されるので不正が入り込む余地が少なく、トラブルが発生しても早く対処することができます。

データ収集や処理の大部分はシステムにより自動化されるのでチェックに必要な人員は最小限で足ります。モニタリングも半自動で実行できるので、担当者は不自然な動きがあった時のみ対処することで問題なく予算管理を実施できます。

クラウド会計システムに、予算における評価とフィードバックを組み込めば、予算管理の最適化を業務の進行と並行して進められます。

カスタマーグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。