クラウド会計のメリット

クラウド会計にはメリットが多いことから、導入する方は、年々増加しています。その大きな理由には、経理業務の効率化の意図があります。

効率化以外にも、これまでの会計ソフトを利用するのに対してよりメリットがある点はどんなことでしょう。

今回は、クラウド会計のメリットをご説明します。

自動アップデート

従来の会計ソフトだと購入から以後のアップデートは、その都度行う必要がありました。

しかし、クラウド会計では、常に最新バージョンのシステムを利用できます。

データの安全性

クラウド会計上のデータは、クラウドサーバーにあるので、自社のセキュリティ設定ミスによるウィルス感染やデータを消失する心配はありません。クラウド会計ソフトおよびその使用サーバのセキュリティレベルは銀行と同程度のレベルのものを採用しています。

自動仕訳

クラウド会計のメリットで重要なことは、銀行口座の入出金明細やクレジットカードの明細書の取得と仕訳が、自動で行われるので仕訳業務が必要なくなります。この他、決算書、確定申告書類も自動で作成してくれ、経理業務全体の作業量を減らすことができます。

場所を選ばずに会計状態を把握

クラウド会計ではいつどこにいても最新の自社の会計状況を把握することができます。

どの企業や個人事業主でも、経理業務の効率化は、課題になっていると思います。

クラウド会計では、時間のない経営者の方も、場所を選ばずにスマートフォンから隙間時間に自社のデータが確認できることによって、意思決定の速度が早まります。