クラウド会計ソフトを導入するメリットとは

ネット経由で、いつでもどこでも自社の数字を把握

クラウド会計は、インターネット経由で利用するサービスです。インターネット環境とパソコンさえあれば、いつでもどこでも利用することが可能です。スマホやタブレットといったモバイル端末でも利用可能であり、カフェや移動の電車の中でさえ利用できます。

そのため自分の会社の経費や決算の状況をリアルタイムで知りたいという経営者の方も、出張先や外出先で使用することが可能であり、業務効率が向上します。

また、クラウド会計では、会計事務所や税理士などと画面やデータの共有ができますから、仕訳の修正や決算などもスムーズに連携が可能となります。

銀行・クレジットカードと連携、自動入力が可能

クラウド会計は、銀行口座やクレジットカードとデータ連携をすることで、入出金やクレジットカードの購入データが自動でクラウド会計に反映されることから、手間のかかる経理業務を効率化することができます。

したがって、面倒な経費の入力においても、複式簿記などの専門知識がなくても簡単に入力・自動仕訳ができる仕組みになっているので、短時間で誰でも簡単に入力し終えることが可能です。

最新の税制改正にも即時に対応

クラウド会計はサービスベンダーが、税法や会計基準の改正に合わせたアップデートを常に行っています。追加料金は必要なく、いつでも最新バージョンを利用でき、最新の税法や会計基準に合わせた会計業務ができるので安心です。