クラウド会計ツールに不便さを感じてしまう理由とは?

クラウド会計、初期設定が正しければ効率性はアップ

経理業務の効率化に効果が期待されるクラウド会計ツールですが、導入した企業の中には効率化どころが以前よりも不便になってしまったという声も聞かれます。

万人が満足する完璧なツールが存在しない以上、不便を感じてしまう人が出るのは仕方のないところですが、不便を感じる理由がツールではなく使い方や使う人にあるケースも多く見られます。

クラウド会計を不便に感じる理由のひとつとして、正しい設定が行われないまま現場に導入されているケースが目立ちます。

クラウド会計はこれまで個別に行われていた会計業務を網羅的に統括処理できるツールですが、対象範囲が広がることになるため細かい部分の設定をきっちり詰めておかないと使用に際して不便が生じてしまいます。

各種データの連携や処理設定、操作の自動化などはクラウド会計による利便性向上に大きく貢献する機能ですが、設定が間違っているとエラーやトラブルを引き起こし、効率化どころか不便さの原因になってしまいます。

導入時に十分な知識のある人が初期設定を担当しないと不便の原因になるので、初期段階できちんと準備をしてから現場に導入することが重要です。

無料ツールで費用を節約したいから、といって専門家を呼ぶ人件費まで出し惜しみしてしまうと今後の業務で不便さを強いられることになります。

効率改善を期待するなら、初期費用だけは惜しまず、専門家と一緒に完璧な状態にしてから業務に導入するのが望ましいです。

カスタマーグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。