スマレジとクラウド会計の連携により小売会計は大幅な省力化を実現

スマレジのリアルタイムデータを即クラウド会計に取込み

顧客データをリアルタイムで収集、分析するPOSレジをさらに進化させたものがスマレジです。スマレジとは従来型のPOSシステムにクラウド機能を組み込んだもので、各端末から収集されたデータをリアルタイムでクラウドにアップロードしすべてのデータを統括的に処理するシステムです。

スマレジを運用するのにクラウド会計は欠かせない存在です。スマレジに入力されたデータを直接クラウド会計ソフトで処理すれば従来のような経理作業は不要になります。収集されるデータは現場のリアルタイムデータなので入力ミスや漏れは少なく、正確性を確保しつつ迅速な処理が実現します。

スマレジ・クラウド会計連携前のテスト・確認は必須

スマレジに対応しているクラウド会計ソフトは機種によって異なります。ほとんどのスマレジ端末は代表的なクラウド会計ソフトであれば利用が可能ですが、機種によっては非対応だったり相性が悪くトラブルが起きやすかったりするので導入前に必ず確認しておきましょう。

無料で利用できるクラウド会計ソフトもスマレジに対応しているものがありますが、台数や拡張機能に制限が設けられていることもあります。有料プランに加入することで機能制限が解除されるソフトもあるので、導入規模や使い方とツールがマッチするかどうかをチェックしてふさわしいクラウド会計ソフトを選んでください。

カスタマーグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。