中小企業の「ずさん」を税理士事務所に任せてストップ!

中小企業の経理業務は、記帳していると思っても自分が気づかないうちに誤ってしまうケースもあります。

しっかりとしたマニュアルがあり、教育をして経理担当者を育てることができる中小企業は、それほど多くはありません。

また、知識豊富な経験者を雇うには、それに見合った待遇を用意する必要があるため、こちらも容易ではないでしょう。知識も、マニュアルもなく、教育を受けることもできないのであれば、ずさんさが出てしまうのも無理はない、と思えることがあります。

実際のところ、経理担当者の業務は、かなり煩雑であり、対応も広範囲に渡ります。会社の規模によっては、事務員がひとりで、経理・総務・庶務などを兼ねており、手が回りきらないというケースも少なくないでしょう。

とりわけ、経理は、会社の中でも、「心臓部」といわれる最も大切な業務ということができます。それでいて、教育もできない慢性的な人手不足で、いったん人が採用できても長くいてくれず、経理業務もますますずさんに、といった負のスパイラルが発生すると、中小企業の経営そのものが脅かされます。

しかし、中小企業の経理実務を熟知する税理士事務所を活用することができれば、このような事態は避けられます。経理担当者の負担を減らし、「経理がずさんになる」といったことも避けられます。

もちろん、税理士事務所を利用するには一定の費用はかかるものの、知識豊富な経験者を雇うよりは、税理士事務所に依頼をしたほうが、ずっとコストを抑えることができるでしょう。

まずは信頼のおける税理士事務所を探し、経理業務の委託について、相談してみてはいかがでしょうか。

カスタマーグロース会計事務所でもご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。