仮想通貨の計算方法

仮想通貨は保有しているだけでは、課税対象になりません。

①仮想通貨を売却した場合②仮想通過で商品を購入した場合③仮想通貨同士の交換を行なった場合に、課税対象となり、年間の利益が20万円を超えると確定申告が必要になります。

 

仮想通貨で利益が発生するのはいつの時点か?

①仮想通貨を売却した場合

利益=売却価格ー取得価格

②仮想通過で商品を購入した場合

利益=商品の購入価格ー仮想通貨の取得価格

③仮想通貨同士の交換を行なった場合

利益=新しく購入する仮想通貨ー新しく購入する仮想通貨のために要した仮想通貨の取得価額

 

仮想通貨の分裂(分岐)により仮想通貨を取得した場合

仮想通貨の分裂(分岐)により新たに誕生した仮想通貨を取得した場合、その時点では課税 対象となる所得は生じません。

その取得時点では所得が生じず、その新たな仮想通貨を売却又は使用した時点 において所得が生ずることとなります。 なお、その新たな仮想通貨の取得価額は0円となります。