会計ソフトはクラウド型とインストール型どちらが良い? 困った時は税理士に

クラウド型の会計ソフトと従来のインストール型の会計ソフトの一番の違いは、クラウド型会計ソフトがPCにソフトをインストールする必要が無いことです。

使用する機器のOSに関わらず、ネット環境さえあればPCだけでなくスマホやタブレットでの操作も可能なので、どんな業種・業態の企業でも利用しやすいというメリットがあります。

また、税理士事務所などに初期設定や運用を依頼するか、自社で直接会計ソフトを提供しているメーカーと契約するかで金額は変わりますが、基本的にクラウド型は月額または年額制で、インストール型は会計ソフトを最初に購入する時に一括で支払いを行います。

なお、ソフトのバージョンアップが必要な時はインストール型のみ有料でバージョンアップを行う必要があり、クラウド型は無料となっている場合がほとんどです。税制改正に対応するのも、クラウド型のほうが迅速に、手間なく対応してくれることになります。

この二つの会計ソフトには機能面でも細かい違いがあり、ソフトのインターフェースはクラウド型の方がシンプルで使いやすいものが多い一方、インストール型にしか無い便利な機能も幾つか存在します。

また、今使っている会計ソフトからクラウド型に操作が慣れるまで時間がかかってしまう人もいるようです。長年、会計ソフトを使ってきて、データの移行が大変そうだ、とクラウド会計の導入に踏み切れないケースも見られます。

そういう時こそ、税理士事務所などに依頼して移行や運用のサポートをして貰うのが一番だと思います。ただし、税理士さんによってはクラウド型会計ソフトとインストール型会計ソフトのどちらか一方のみ、もしくは会計ソフトそのものに対応していないところもあるため注意が必要です。

クラウド型とインストール型の会計ソフトのどちらかを選ぶなら、コスパがよく、人件費の削減の効果もでるクラウド型の方が一般論としてはおすすめです。

とは言え、各企業でより適した会計ソフトの種類は変わってきて、こだわりのポイントが違うのも事実です。一度客観的に現状を見るという意味で、税理士に相談してみるのも良いのではないかと思います。

カスタマーグロース会計事務所でもご相談を承っております。

お気軽にお問い合わせください。