クラウド会計、個人事業主が確定申告に利用する4つのメリットとは?

個人事業主の確定申告、「クラウド会計」で新時代に突入

個人事業主の方が毎年頭を悩ますことの一つに確定申告があります。確定申告時期に合わせて、領収書やレシート、帳簿の整理といった一年間滞っていた事務処理を一気に終わらせ、分からないことがあると、慌てて税理士に連絡する、という方が多いようです。

個人事業主の方は、従来パソコンへインストールするソフトウェアを使って確定申告を行う方が多かったのですが、最近はクラウド版の確定申告ソフトを使う方が多くなっています。さらにユーザーの声として、クラウド会計を導入して確定申告を行うのは「便利」と回答される方が多い傾向です。いったいなぜでしょうか。

クラウド会計のメリット シンプル・簡単で親切、低料金

一つ目は、帳簿を付けるのことが簡単になることです。青色申告は、複式簿記で帳簿を付ける必要がありますが、クラウド会計は、インターネットバンキングとクレジットカードの取引データを自動で取得し自動で仕訳を起こすなど家計簿感覚で入力することが可能であり、比較的簡単に複式簿記での記帳が可能となります。

もう一つは、アップデートに追加の手間や費用がかからないところです。会計基準や税制の改正があった場合に対応するソフトウエアのアップデートが必要となります。従来であれば、有料のアップデートだったのものが、クラウド会計は自動でアップデートが行われ、追加費用は不要です。

なお、クラウド会計は、従来のインストール型の会計ソフトと異なり、初期費用が不要な月額払いとなります。起業時や開業したての個人事業主にはありがたい料金設定となります。

百聞は一見に如かず、クラウド会計を試してみよう

今、もし個人事業主で、クラウド会計の導入を迷っていらっしゃる、ということでしたら、無料版や期間限定のトライアル版もありますので、実際に触れてみることから始めてはいかがでしょうか。慣れない方にも優しいインターフェイスとなっています。

カスタマーグロース会計事務所でもクラウド会計導入のご相談を承っております。

お気軽にお問い合わせください。