個人事業主の法人化によるメリットとは?収益が上がったら法人化を!

個人事業主の法人化。メリットは収益の増大に合わせて多くなります!

個人事業主法人になる大きなメリットを得られる場合がありますしたがってある程度事業収入が増えてきたり事業が安定してきた場合には法人化を考えた方が良いタイミングがあります。

例えば節税対策になるというのは、個人事業主が法人化をする際に得られる現実的なメリットとして大きいポイントです

個人事業主も所得に応じて税金を支払っていかないといけませんが個人事業主の場合には所得に応じて税率が上がる仕組みになっています

ところが、法人税は、税額の計算をする際の仕組みが個人所得税の場合と違います。その結果、同じ売上と原価でも、個人事業主の所得税とは税額の計算の仕組みが違っているがゆえに法人化して法人税を納める方が結果的に支払う税額は小さくなることがあります

メリットは税額だけではありません。個人事業主が法人化した方が信用力が上がるというメリットもありますこれは論理必然的、というよりイメージがそうだ、という部分を含みますが社会では個人事業主と法人では信用の面において大きな差が出ます。取引をする際もお金を借りる際も個人事業主と法人では、収益変わり、後者が大きくなりやすいのは事実です

こうした個人事業主よりも法人を有利に扱うという慣習が社会に定着しているために個人事業主のままよりも法人化した方が信用力が上がり仕事における幅も広がるというメリットが生まれるのです

他社との取引や融資を受けるということに関しては事業規模を大きくしていくうえでは欠かせません。ですから、事業を大きくするビジョンを持っている場合は、個人事業主のままではなく、メリットの多い法人化を考えると良いといえます。