個人事業主が帳簿のテンプレートを利用するメリットと注意点

有名な会計ソフトの場合ですと、総勘定元帳や仕訳帳などの様々な帳簿のテンプレートが初めから用意されています。ただし、個人事業主の場合は、会計ソフトを利用していない方も多いため、自分でエクセルを使ってフォーマットを作ったり、紙の帳簿に手書きで記帳されている方も少なくありません。

しかし、最近ではパソコンが普及したこともあって、インターネット経由で必要な帳簿類のテンプレートをダウンロードして使用されている方も増えてきています。

スマホやタブレットにエクセルのアプリをダウンロードすれば、エクセル形式の帳簿をどこでも編集できるので、パソコン環境が無いところでも手軽に経理業務が行えるというメリットもあります。また、基本的にそういったテンプレートは有志や企業が無料で配布しているものが多いことから、あえて税理士に依頼したり、会計ソフトを導入する程の規模でも無い個人事業主にとっては、とても便利です。

ただし、青色申告の65万円特別控除などの恩恵を受けるためには、複式簿記による記帳が必要であり、単式簿記・簡易簿記にしか対応していないテンプレートを使用していまったことで、控除が受けられないこともあるので注意が必要です。

例えば、はじめは、税理士にお願いして、次の年以降は残った帳簿データを参考に自分で記帳を行ってみるというのもひとつの手段となります。

一言に帳簿と言っても、それを利用する場面や提出・申請を行う手続きの内容によっても必要なものが変わってきます。ある程度の会計・経理事務の知識が無いと使いこなすのは難しいので、帳簿のテンプレートを使う場合には専門家に任せるか、事前にしっかり理解してからの使用を推奨します。

カスタマーグロース会計事務所でもご相談を承っております。

お気軽にお問い合わせください。