確定申告とは

確定申告は、1年間の所得を自分で計算・申告し、納税するまでの一連の作業をいいます。

確定申告が必要な方

  • 会社にお勤めの方で、以下に該当する方
    • 給与以外の所得がある方
    • 2箇所以上から給与を得ている方
    • 不動産所得が20万円以上の方
    • 仮想通貨の所得が20万円以上の方
    • 株式売却の所得が20万円以上の方
  • 個人事業主の方

何の税金を支払えばいいの?

会社にお勤めの方は、給料から「所得税」「住民税」「社会保険・労働保険」「厚生年金保険料」が源泉徴収されています。
一方で、個人事業主の方は、源泉徴収という制度はありません。
事業の利益が20万円を超える方は確定申告の必要があります。確定申告にて、納付するべき所得税の金額が決定され、税務署から各市区町村に所得の金額が伝達されることになり、住民税の金額が確定されます。

ご自身での確定申告やり方

STEP1

1年間の所得を集計します。事業で得た収入、経費を集めます。(経費に関しては、事業に関連する者だけが「必要経費」として認められます。このあたりの判断は個人によって異なります。)

STEP2

対象年度の利益を確定させます。この利益を元に税金の計算を始めます。減価償却費や、決算独特の会計処理を調整します。

STEP3

税務申告書の作成(税務署に提出する書類を作成します。)

STEP4

税務申告書の送信(電子送信が勧められています。)

 

カスタマーグロース会計事務所がお手伝いできること

ご依頼方法としては、大きく以下の4つの方法があります。また、下記の4つに加えて、資金繰りの管理がしたい、役員報酬のシミュレーションがしたいという方はオプションを組み合わせることでご自身に適した内容をカスタマイズできます。

内容 対象者 決算申告書の作成 記帳の有無 ご質問
月次顧問(記帳あり) ・都度質問をしたい
・ご自身で記帳をせず丸投げしたい
・月次で経営状況を把握したい方
月次顧問(記帳なし) ご自身で記帳業務を行うが、都度入力について質問したい方 ×
決算対応(記帳あり) 日常の質問はご自身で解決できる方。決算時の記帳業務と税務申告書の作成のみご依頼したい方 ×
決算対応(記帳なし) ご自身で記帳業務を行える方 × ×

 

 

STEP1

どの費用を必要経費として経費に計上できるのか、判断が難しい場面が出てくると思います。どの経費を確定申告の必要経費として申告したら良いのか、個人個人のご状況に合わせて考えます。

STEP2

減価償却費や勘定科目の区分など、1年間の収入と支出を計算するに当たって決算独特の処理があります。これらを決算時に調整致します。

STEP3

慣れないと以外に時間のかかる税務申告書の作成ですが、ワンストップで1から作成致します。また、節税になる「税額控除対象」に漏れがないように、申告します。特に海外売上が多い方は、消費税の還付申告をすることによって、税金が戻ってくる可能性があります。

STEP4

「税務申告書をe-taxで郵送しようとしたけど、マイナンバーカードがない」「郵送対応は手間がかかる」という方も、本事務所で税務署・自治体へ送信まで行います。