クラウド会計 税理士の顧問料が高い、とお悩みならおすすめ!

税理士に支払う顧問料は会社の規模や業種などによっても変わりますが基本的にはその会社の年商と比例します

相場では個人事業主が税理士を雇う場合の月額顧問料は、年商1,000万円までの企業で13,000円3,000万円までで17,000円5,000万円までで21,000円程度の顧問料が発生すると言われています

法人企業の場合は個人事業主と同じ年商の場合より1,000円から3,000円ほど高い金額が相場です

この金額だけを見ると安いという印象を受けるもののこれは携帯電話でいう基本料金みたいなものであり、実際は決算処理や確定申告書の作成などを委託する度に別途料金がかかるので税理士に支払う顧問料は個人事業主で年間10万20万円法人企業で13万30万円程度まで増加します

もちろん事業規模や会計事務所によっては、もっと安い場合もありますこういった業務の全てを税理士に頼ってしまうと必要以上にコストがかかってしまいます

クラウド会計ソフトでは少ない利用料で会計経理の業務をほぼ自動化できるケースもあります日々の記帳や決算処理などの基本的な業務をほとんど自動もしくは少ない手間で行うことができるため税理士の顧問料を最低限に抑えることも可能です。

クラウド会計は非常にコスパが良いですし税理士さんを雇うことに抵抗がある個人事業主や企業にこそ利用しやすいツールなのではないかと思います

カスタマーグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。