自動仕訳で中小企業の「経理部」を担うクラウド会計

企業は日々の収入・支出を仕訳という形で記録します。

税務申告等を考えても日々の仕訳は必須ですが、経理専門のスタッフを雇うの余裕のない事務所や個人事業主の場合、仕訳を一つ一つ正確に記帳するのはとても手間がかかります。

そこで、クラウド会計による自動仕訳機能を使うことで、高い精度で、かつ短時間で記帳することができます。

クレジットカードのデータなどから自動的に勘定科目を設定し、仕訳を作成してくれます。

専門的な経理知識がなくとも、クラウド会計を活用すれば仕訳対応は十分可能です。仕訳業務の効率化を検討するなら、クラウド会計の導入がおすすめです。