話題のクラウド会計、普及率は今後どうなる?

クラウド会計、普及率の将来予測!業務効率化に即効性あり、上昇傾向続く見通し

 

最近クラウド会計という言葉をよく聞くようになっています。

すでに会計ソフトを導入している場合、「せっかく投資したのだし、すぐには変えられない」、あるいは、「今の会計ソフトが使い勝手が良い」そんな理由で二の足を踏む方も多いようです。

しかし、会計ソフトをよく知っている方の中にも、クラウド会計の業務改善効果に驚いて、クラウド会計の導入に積極的になる方が増えています。自動仕訳・自動記帳・申告書作成機能そしてAIによる監査まで、経理・財務業務の自動化が図られるので、ますますクラウド会計は人気が高くなっているのです。クラウド会計の普及率は間違いなく上がるものと思われます。

税理士にとっても、クラウド会計はメリットが多いことがわかってきています。

仕訳を正確に、迅速に処理してくれるクラウド会計のデータを見ながら、コンサルティング業務を行えるので、私たち税理士も、より重要性が高い、あるいは難易度が高い税務上の課題に集中し、クライアントへより質の良いコンサルティングができます。

会計ソフトからのクラウド会計への切り替えの課題は、既存データの移行やそれに伴う事務の労力かと思います。どんな手順で移行すると、安全に会計・財務データのクラウド会計への移行ができるか、という点についても、税理士は専門家です。お試しでクラウド会計を使いながら、移行検討をする、といった場合も、気軽に相談をしていただけると嬉しいです。