銀行口座はクラウド会計で一括管理

クラウド会計には、銀行口座の情報を登録することもできます。所有するすべての口座を登録しておけば、その銀行のデータも一括で管理できる機能もあります。

多くの法人や個人事業主は、銀行口座を複数保有しています。複数の口座を使い分けている事業者も少なくありませんが、数が増えてしまいますと、管理が難しくなってしまうことも多いです。

3、4つ程度の銀行口座であれば、何とか総額やお金の流れは把握できても、口座数が増えると大変です。口座と帳簿の残高が合わないなど、すべての銀行の口座を把握するのが難しくなってしまいます。

しかし、クラウド会計では、銀行口座の情報を登録できるようになっています。事業で活用している銀行口座を、すべて登録しておけば、インターネットバンキングとの連携で各銀行の残高が一目で分かる状態になります。

各銀行の残高を把握したい場合、通常は、通帳の記帳やインターネット口座へのログインが必要となります。しかし、クラウド会計との連携を利用すれば、自動的にログインして、1つの画面で、複数の銀行口座の状況も把握できるようになります。

また、クラウド会計は、銀行口座のお金の流れも把握できるようになっています。どの程度経費が使われたかという情報も、把握しやすくなる訳です。

カスタマーグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。