電子申告も、クラウド会計で簡単に

確定申告は電子申告でも行うことができます。

例えば、毎年3月の確定申告書の提出期限が近づく頃になると、税務署は大変混雑します。場所によっては、提出するために1時間以上も待つこともあります。

しかし、電子申告ではインターネットを通して手続きを行えますから、わざわざ並ぶ必要もありませんし、記入や紙へ出力する必要もありません。

クラウド会計では、もちろん電子申告にも対応しています。クラウド会計で作成した決算書をもとに、フォームに従って入力することで、確定申告書の作成も可能です。経理が未経験であっても、簡単にデータを作れるようになっています。またクラウド会計によっては、不明点に回答してくれるサポートデスクもあります。

ただし、会計ソフトによって、OSの対応状況は異なります。一部のOSにしか対応していないクラウド会計もあるので注意が必要です。

改めて、クラウド会計で電子申告を行う順序を説明しますと、クラウド会計で、仕訳や決算処理を行い、生命保険の証明書など確定申告に必要な資料を集め、クラウド会計で、確定申告書を作成して、e-Tax形式で、電子申告を行うことになります。

クラウド会計であれば、従来に比べて確定申告を行うことについて、ずいぶんと容易となりました。一方で、電子申告をはじめとする新しいしくみも増えたことから、複雑な部分も残っています。

したがって、慣れるまでは税理士など専門家に相談することで、正確性と効率性を保つことができるでしょう。

 

カスタマーグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。