領収書データを自動入力できるクラウド会計

重要な経理業務の1つに、領収書やレシートのデータ入力があります。

例えば、業務遂行のために備品を買った場合には、たいていお店に領収書を発行してもらい、会計ソフトなどに入力して仕訳を起こすことになります。決算時など領収書等の数が多いときなどは、当然ながら入力の作業量が多くなってしまい、大きな負担となります。

ところがクラウド会計には、その入力を支援してくれる機能があります。

クラウド会計には、領収書やレシートをスマホで撮影したり、スキャンした画像の文字データなどを判読する機能があります。数字などの情報を自動的に読み取って、仕訳を考え、システムに入力してくれる訳です。画像を読み取るだけで仕訳の入力が完了しているのですから、作業量を大幅に減らすことができます。

また領収書やレシートのない銀行取引やクレジットカード取引については、インターネットバンキングやWebサイトと連携することで、取引の情報をクラウド会計に取り込みます。一定の条件を付与することで自動に仕訳を起こし入力が完了します。

これらの領収書等の自動読み込みや、銀行等の取引の自動連携については、クラウド会計の大きな特徴のひとつであり、これらが従来の経理業務のひとつである入力の業務量を劇的に減らしてくれることになります。

入力の業務量の増加に悩まれているときは、一度クラウド会計の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

カスタマグロース会計事務所では、クラウド会計に関する無料相談を実施しております。