地方でIT企業の起業 信頼できる税理士との出会い

地方での起業では、家賃や人件費などの固定費が比較的安く済むというメリットがある一方で、人口が少ない地域ではマーケット規模が小さいために、商品の売れる数が限られたり、新しい商品がなかなか受け入れられにくいといったデメリットがあります。しかし、IT関係の職種の場合には、このデメリットを感じることが少ないのではないかと思います。

実際、インターネット上でサービスを展開する企業などはもちろんのこと、ITエンジニアでもデータのやり取りを行えれば十分という働き方も多い中で、そういった企業が地方に進出している例も近年増加しているようです。また、過疎地域の一部では誘致施策として、起業時に特別な資金援助や税金面での優遇があったりなど、様々なメリットがあります。

ただし、そういった市町村のサポートを受けるためにはしっかりとした活動実績を示す必要があり、融資や税金の優遇措置などを受ける時は必ず申込み書類とともに決算書なども提出しなければいけません。

その際に帳簿データが間違っていると、当てにしていた援助制度が受けられないなんて可能性もあるので、その作成にあたっては税理士などの知識を持った専門家に依頼することがベストでしょう。

また、信頼できる税理士がいれば、さらに節税やコスト削減に役立つ制度を教えてくれるかもしれませんし、長くその地域で活動していくために、地元のことに詳しい人が近くにいるという安心感も大切です。

IT関係の職種は活動する場所を選ばずに起業できるというメリットがあります。そんな大きなメリットを最大限に活かすためにも、その地方都市で信頼できる税理士を探してみるのも良いのではないでしょうか。

カスタマーグロース会計事務所でもご相談を承っております。

お気軽にお問い合わせください。