IT企業の立ち上げ時に依頼すべき税理士の特徴とは?

昨今、大手企業のIT分野への参入や新たなIT企業の立ち上げが増加してきている中、「ITに強い」といった謳い文句の税理士事務所も増えてきています。

しかし、初めて税理士事務所へ依頼する人にとっては、本当にその税理士がITに強いのか判断はできません。そんな時はITに強い税理士事務所に共通するある特徴をもとに、自社に合った税理士を探してみましょう。

ITに強い税理士を探す上で一番の特徴は、依頼する税理士事務所が「クラウドツールに対応しているかどうか」という点です。

例えば普段の連絡をLINEやZoom、チャットワークなどを利用して行ったり、コンテンツなど充実した自社ホームページを持っていたり、TwitterやInstagramなどで積極的に情報発信しているような事務所は、ITに強い税理士さんがいる可能性が高いです。

特にクラウド会計においては、ITを全面に押し出すツールであり、税理士にとっては象徴的なものです。もし、ITに強い税理士事務所を希望するならば、クラウド会計に対応していない税理士事務所は、自然と選択肢から外れるでしょう。

また、IT関係の起業家の多くが20~40代の世代ということもあって、依頼する税理士も同じくらいの世代の人を選ぶのもオススメです。ただし、やはり経験値に長ける年長の税理士の方が資金調達や節税などのスキルに優れる場合もあるので、その辺りはコミュニケーションの取りやすさと実利を併せて検討するのが良いでしょう。

カスタマーグロース会計事務所でもご相談を承っております。

お気軽にお問い合わせください。